未経験の方へ

飲食業への転職は未経験の方へ

飲食業に転職しようと思ったけれど、未経験なので不安だという人もいます。ではまず何をすればいいのでしょうか。

まずは仕事に慣れることです。先輩方の動きをよく見て、まずは真似から入ってもいいでしょう。わからないことはすぐ聞くようにして下さい。先輩はたとえ年下であっても先輩なのですから、常に尊敬の念を抱くようにします。言われたことには反抗しないで素直に従う。疑問に思ったらなぜそうなっているのかを聞く。そのような検挙な態度も転職した人にとっては必要になってきます。仕事の流れは慣れていけば自然と身についていくものです。

次に飲食業ということで気をつけなければならないのが服装です。お客様に清潔なイメージを持って頂けるように、爪は短くマニキュアなどは控えめに、髪はまとめて、香水やコロン・制汗剤などの使用は控えます。洗濯された清潔なものを身につけるのは当たり前です。飲食業は接客業なので、言葉遣いも大切です。常連になった人へも丁寧な言葉で接することを忘れないようにして下さい。たとえ親しい友達が来店されても、他のお客様と同じ様に扱うように心がけ、決して私語で盛り上がることのないように気をつけます。

飲食業への転職が未経験だからといって、臆することもありません。あまり卑屈な態度ではお客様を不安にさせてしまいます。又飲食に関わるのですから、笑顔も大切です。転職組だからと遅れを取るのもよくありませんし、がんばりすぎても和を乱すことになります。チームワークが必要な業界ですので、単独プレーは避けるようにして下さい。

飲食で転職するということを気軽に考えがちですが、あまり生優しい世界ではありません。人が口にするものを扱うということは必要以上の神経の細やかさが必要になってきますし、気遣いはしすぎてもやりすぎることはありません。常に自分とお店を清潔に保つように、隅々まで目を配り、掃除なども、積極的に動くようにします。お客様のご要望にもできる限り応え、ひとりでは解決できない事項は先輩や店長クラスに伝え、解決してもらうようにしましょう。

異物混入なども、お客様がわざとなさる場合もありますので、そのような時も、自分やお店に非がなければひるむことはありません。毅然とした態度で臨むことも時には必要なのです。とはいえ、警察沙汰になることのないように、そこはうまく立ち回って下さい。

まずはお客様に我尾でお帰り頂くことを心がけるように。